ネット予約

東陽町駅から徒歩2分。浪越指圧のマッサージ店 よくある症状と治療法

03-5634-6262<予約優先>

指圧リビン 指圧リビン電話番号

よくある症状と対策

患者様からよくいただく質問と対策をまとめました。
各項目をクリックすると詳細が開きます。

肩こり、腰痛等、体が不調になる仕組みについて

姿勢と抗重力筋

図1の赤い線が重心線です。
重心線の通りに体のラインが通っていると、無駄な筋肉の緊張や力のロスがないため、一番体が疲れにくい理想的な姿勢と言われています。
左右の肩の高さ、骨盤の高さが違っていたり、重心線がくずれていたりすると無駄な筋肉の緊張や力のロスが出るため体の不調が出やすくなります。

体が不調になる仕組み

疲労と抗重力筋の仕組み

文字通り地球の重力に逆らって姿勢を保つために使う筋肉です。もともと、人は地球上では重力があって下に体が引っ張られようとしています。それを支えて、体がゆがまないよう重心のバランスをとっているのが【抗重力筋=姿勢維持筋】というもの。
運動はしていなくても、立っていたり、座るという日常の何気ない状態を維持する為にいつも使っているのが、抗重力筋ですね。
では、何故体の左右差や重心線がくずれてしまうかというと、日々同じ仕事(動作や姿勢)による疲労が大きな原因です。
その繰り返しにより筋肉、筋膜のバランスが崩れて、姿勢も崩れてしまうからです。

姿勢のバランスを崩す『疲労』には、筋肉が働き続けることで生じる疲労と、筋肉が正常に働かないことで生じる疲労があります。
この2つの疲労が負の連鎖で重なり、MRIやレントゲンでは写らない、痛みや頭痛、体の不調となってあらわれます。

同じ姿勢を続けていると、その姿勢の維持に働く一部の筋肉だけが収縮を続けて血管を圧迫するため、血行不良となって筋肉が酸欠で緊張状態になります。これが筋肉が働き続けることで生じる疲労です。
筋肉が緊張で硬くなると、静脈の血流も低下するため、筋肉中の老廃物や疲労物質が回収されずに蓄積し、筋肉はさらに疲労します。これが筋肉が正常に働かないことで生じる疲労です。

抗重力筋=姿勢維持筋と説明しましたが、その中でも特に負担がかかっている主要姿勢維持筋があります。
世の中に首、肩こり、腰痛、足のむくみが多いのも、主要姿勢維持筋が首、肩、腰、足、体の背面にあり、負担が多くかかっているため、上で説明した仕組みで疲労がたまり、体の不調となってあらわれます。
その他に、運動不足による静脈の疲労物質運搬力の低下、加齢による筋力、回復力の低下があげられます。

収縮しやすい筋肉と弱りやすい筋肉

どの医学書にも書いてあることですが、人間の筋肉は関節をまたいでいて、筋肉が収縮(縮む)することで関節を曲げたり伸ばしたりすることが出来ます。

体が不調になる仕組み
体が不調になる仕組み

また人の体には収縮しやすい(縮みやすい)筋肉と弱りやすい(弛緩しやすい)筋肉があり、その組み合わせが下記になります。

1、収縮しやすい(縮みやすい)筋肉   2、弱りやすい(弛緩しやすい)筋肉
頚部伸筋群 頚部前方の屈筋群
僧帽筋上部・肩甲挙筋 広背筋
大胸筋 僧帽筋中部・下部
脊柱起立筋・梨状筋 腹筋群
腸腰筋・大腿筋膜張筋 大殿筋
ハムストリングス 大腿四頭筋
下腿三頭筋 下腿の背屈筋群

仕事で座りっぱなしだったり、立ちっぱなしの場合、いつも使われる筋肉(縮む筋肉)と使われない筋肉(弱る筋肉)が出てきます。
その結果、筋肉の収縮(縮む)と弛緩(伸びる)のバランスがくずれ、関節の曲げ伸ばしがスムーズにいかなくなり、痛みや頭痛 MRIやレントゲンには写らない、体の不調の大きな原因になります。
分かりやすい図として図1,2になります。
バランスがとれている筋肉とバランスがとれていない筋肉
また立っている場合と座っている場合では腰への負担は、座っている方が約1,5倍の負担が腰にかかります。体が動かせない寝たきりの人の場合、2時間おきに姿勢を変えます。
そうしないと、ベッドに重く体が当たっている部分の細胞が壊死(腐ってしまうこと)して、2度と使えなくなってしまいます。
それだけ、一部の場所に負荷(ストレス)をかけることは体に悪いということです。

これを図3の足で説明しますと、長時間イスに座っていると、股関節、膝関節が曲がっています。
股関節、膝関節
関節が曲がっているという事は、筋肉のバランスが崩れてしまっている状態となります。
ハムストリングス(ふとももの後面)は縮みっぱなしの筋肉に、大腿四頭筋(ふとももの前面)は伸びっぱなしの筋肉になります。
縮みっぱなしの筋肉はコリ固まり疲労が溜まります。伸びっぱなしの筋肉は筋肉が弛緩するので、力が入れづらい状態になります。
力を入れづらい状態が続くと、よりその姿勢が強調されるので、姿勢悪化が進み筋肉のバランスが崩れていきます。

筋収縮のしくみ

筋収縮は、脳や脊髄などの中枢神経から指令を受け、末梢神経が筋肉に信号を送ることで起こる。収縮するときには、太い筋フィラメント(ミオシン)が、細い筋フィラメント(アクチン)の間に深く入り込む形になる。末梢神経からの信号が途絶えると、ミオシンとアクチンの重なりは浅くなり、筋肉は弛緩する。

体が不調になる仕組み

『腰痛』について

腰痛の症状

  • 朝起きる時に腰痛で腰が辛い。
  • あお向けで寝ると腰痛が出るので横向きで寝ている。
  • デスクワークをしていると腰痛が出る。
  • 骨盤、お尻、太ももにかけてシビレが出る
  • イスから立ち上がる時に腰痛や痛み違和感が出る。
  • 前かがみの姿勢をすると違和感や腰痛がする。
  • 常に腰がはっていて筋肉が硬いと感じる。
  • 走るさいに腰痛が出て辛い。
  • 普段しているストレッチで痛みがでる。

腰痛対策

腰痛がひどい場合コルセットが有効です。

整形外科にかからなくとも、スポーツショップ等でも購入出来ますので、
腰痛がする場合は仕事中1週間くらいコルセットをしてみて下さい。
急な腰痛(ギックリ腰)に対してはアイシングが有効です。
アイシング時間は20分前後、冷やした後は40分あけて、またアイシングを行う。
2~3回繰り返すと効果的です。

それでも腰痛が続く場合

自力での症状の回復が出来ない状態になっています。
放置しているとドンドン疲労が蓄積し、腰痛が治りにくい体になってしまいますので、専門家の治療が必要な時期です。
一度当院にご来院頂ければと思います。

『肩こり』について

肩こりの症状

  • 肩こりで首と肩のつけ根が痛くて辛い。
  • 腕が回りにくく肩が引っかかる気がする。
  • 腕を回す際に肩がコキコキと音がする。
  • 就寝中、朝方に肩こり、痛みが強く出る。
  • 肩こりで以前よりも姿勢が猫背になっている気がする。
  • 肩が辛かったのが、首や背中、頭痛まで出て、痛く辛い範囲が広がっている。

肩こり対策

ラジオ体操がお勧めです。
人の体は仕事の合間に2~3回腕を回しただけでは肩こりにあまり変化がありません。
ラジオ体操のように、大きく連続して肩を回す運動をすると効果があります。
公園などで懸垂器具があれば、10秒くらいぶら下がるのもいいです。
自分の体重をかけて肩甲骨をまっすぐ伸ばすことが出来ます。

それでも肩こりが続く場合

自力での症状の回復が出来ない状態になっています。
放置しているとドンドン疲労が蓄積し、肩こりが治りにくい体になってしまいますので、専門家の治療が必要な時期です。
一度当院にご来院頂ければと思います。

『膝痛』について

膝の痛みの症状

  • 階段の昇り降りで痛みが出る。
  • 走る際に膝痛がする。
  • 正座が膝痛で出来ない。
  • 膝がぐらつく、力が入らない、抜けるといった気がする。
  • 膝に水が溜まって押すとブヨブヨする。
  • 膝を動かした時に、コキコキと音がする。

膝痛対策

膝のサポーターで保温と関節のずれの固定。
立った時にする伸脚のストレッチ(痛みがなければ)
太ももの筋力の強化をする。
スクワットは逆に膝を悪くする人もいますので、痛みが出る方は止めて下さい。
マラソンなど、日常的に膝を酷使する方はアインシングが有効です。
アイシング時間は20分前後、冷やした後は40分あけて、またアイシングを行う。
2~3回繰り返すと効果的です。

それでも膝痛が続く場合

自力での症状の回復が出来ない状態になっています。
放置しているとドンドン疲労が蓄積し、膝痛が治りにくい体になってしまいますので、専門家の治療が必要な時期です。
一度当院にご来院頂ければと思います。

『頭痛』について

頭痛の症状と種類

緊張性頭痛

緊張性頭痛は、慢性的な頭痛の中でももっとも多く見られる頭痛です。
年齢や性別に関係なく発症し、後頭部を中心に頭全体がギューッと締めつけられるような鈍い痛みが起こります。
頭痛のほかにも、肩や首のこり、フワフワとしためまい、全身のだるさといった症状をともなうこともあります。

片頭痛

片頭痛は、こめかみから目、側頭部を中心にズキンズキンと脈打つような激しい痛みをともないます。
片側だけが痛い場合もあれば、両側から頭全体に至るまで、痛みを感じる場所にも個人差があります。
頭痛とともに吐き気が起こったり、光や音、におい、気温の変化に敏感になります。また、遺伝することが多く、女性によくみられます。

群発頭痛

群発頭痛は、目の奥や周りから側頭部まで広がり、突き刺すような激しい痛みが15分~3時間くらい続きます。
「目の奥がえぐられるような痛み」だと表現されることもあり、頭痛のなかでは、もっとも激しく痛みます。
まるで群発地震のようにある一定期間に集中して頭痛が起こり、その耐え難い痛みはまるで自殺をしたくなるほどつらいということから、別名「自殺頭痛」とも呼ばれています。

頭痛対策

緊張性頭痛

指圧、マッサージ、整体、整骨院のお店に頭痛がすると言ってくる方は、経験上99%が緊張性頭痛です。
この頭痛の場合、首、肩周りのストレッチや、ホットパック等で温めてあげることが有効です。

片頭痛

指圧、マッサージ、整体、整骨院のお店に片頭痛の方が来る割合は経験上300人に1人くらいです。
片頭痛が現在起きている場合、血管拡張性による頭痛ですので、頭部のアイシングが有効です。
頭痛がおさまっている時はお風呂に入浴し体をリラックスさせてあげることが有効です。

群発性頭痛

群発頭痛の治療法は、純度100%の酸素を吸入する純酸素吸入法と薬物療法です。
自分一人で出来ることはありませんので病院にいくことをおすすめします。

緊張性頭痛、片頭痛の方が頭痛対策をしても頭痛が出る場合

自力での症状の回復が出来ない状態になっています。
放置しているとドンドン疲労が蓄積し、頭痛が治りにくい体になってしまいますので、専門家の治療が必要な時期です。
一度当院にご来院頂ければと思います。

来院ペースと治療間隔について

初回~3回は1週間以内に1回のペース。
症状の改善とともに、来院ペースを2週間に1回、3週間に1回、月に1回とあけていくといいと思います。
来院間隔が短い方がいい根拠を例えて説明しますと筋力トレーニングを月に1回のペースと週1回のペースでは週1回のペースの方が筋力がつきますよね?
ヨガの教室を月1回と週1回のペースでは週1回のペースの方が柔軟性が出ますよね?
人の体は間隔を詰めて刺激を与えた方が早く効果が出ますので、症状が重たい方、早く体を治したい方は 間隔が短い方がいいです。
もちろん月に1回のペースでも効果が継続しない訳ではありませんので、そのペースで体が健康に保てる方は月に1回のペースでご来院頂ければと思います。

放置期間による指圧回数の目安について

1~2ヶ月前から痛みが取れないといった症状の場合、3回ほど指圧を受けて頂ければよくなる場合が多いです。
1年以上前から辛い症状が続いて放置しているような場合は、症状の改善に5~10回ほどかかる場合が多いです。
もちろん1度で悩んでいた症状が改善される方もいますが、痛みを放置していた期間が長い程、治療回数も必要になることが一般的です。

お知らせ

営業時間

03-5634-6262<予約優先>

【月~金】12:00〜23:00(最終受付21:30)

【土日祝】12:00~22:00(最終受付20:30)

【火曜定休、水曜不定休あり】

スタッフブログ

アクセス

東京都江東区南砂2-1-6セッツビル303
地下鉄東西線東陽町駅3番出口より徒歩2分
駐車場:店舗前にコインパーキングあり

大きな地図で見る

  • Check